教員紹介

平塚 明 (ひらつか あきら)

職名
教授
専門分野
植物生態学,進化生物学,博物館学
担当科目
生態学基礎,環境調査法

研究テーマ

植物の種生物学

絶滅危惧植物の保全、植物の生活史戦略、動物による植物の種子散布

地域環境デザイン

地域のマスタープラン、環境アセスメント、生物多様性地域戦略、天然記念物、遺跡の景観設計、街路樹、屋敷林、博物館学

現在の研究課題、研究活動

絶滅危惧植物の遺伝子解析

DNAの塩基配列の変異を見ることによって、種の進化を知ろうとしています。また、その情報を植生の復元に活用することも目的にしています。

種子の動物散布

植物は鳥やアリに種子を運んでもらいますが、どれくらいの距離に、どのようなタイプの種子が運ばれるのかを調べています。生物多様性を支えている仕組みについての研究です。

地域博物館

津波で被災した博物館の復活や、地域全体を博物館にする活動にメンバーとして参加しながら、研究もしています。

社会活動(学外の委員会活動、学会委員活動、NPO理事など)

  • 高田松原津波復興祈念公園空間デザインワーキンググループ (国・県・市の共同作業)
  • 岩手県環境影響評価技術審査委員会 (いわゆる環境アセス)
  • 岩手県希少野生動植物保護検討委員会 (レッドデータブックを作ります)
  • 内丸緑地管理検討委員会 (盛岡市の緑の景観をデザインします)
  • 岩手県土地利用審査会 (基準地価についての委員会)
  • 日本ビオトープ協会特別会員 (ビオトープによる環境再生)

教育のポリシー

専門を深く掘り下げることにより、必ず一度、底にぶつかります。しかし、そこから水平に興味が伸び、浮上すると視野が少し広がっていることに気がつきます。さらに深く掘る、ぶつかる、水平に伸びる、浮上する、を繰り返すごとに知識と理解が広がります。それを「総合」と呼びます。

教員一覧に戻る