教員紹介

佐野 嘉彦 (さの よしひこ)

職名
教授
専門分野
気候学,気象学,地理学
担当科目
環境科学概論,気圏環境システム論,地図学

研究テーマ

現在は,以下のテーマを中心にゼミを進めています。

  • 風の定常性に関する研究
  • 東北地方における降積雪分布
  • 東北地方の天気俚諺について
  • 都市気候(ヒートアイランドを含む)

学生の希望も出来る限り考慮したいと思っていますので、相談をしながらテーマは決めています。

ゼミの内容は、3年生においてはテキストや論文を読むことを中心に、基礎的な知識、 考え方を習得してもらいつつ、卒業論文のテーマを見つけることです。4年生においては、 卒業論文のための調査が中心になり、テーマによっては野外調査も行います。

現在の研究課題、研究活動

気候変動(温暖化を含む)は非常に重要な問題であるにもかかわらず、その科学的な論拠を示すことは非常に難しいものです。「どこの」「いつの」気候が変化しているのか、を示すためには様々な時空間スケールにおいて明らかにしていかなければいけないことが多いのです。

そのため以下のことについて研究しています。

  • 気候変動データに含まれる都市化の影響
  • 都市気温の形成要因
  • 気候区分の再評価
  • 気象データの経年変化

教育のポリシー

結果だけを求めがちな世の中になりつつありますが、結果に行き着くまでの「過程」が重要であると思っています。結果は出ないことだってあるのですが、そのときでも「過程」は必ずあるのです。「考える」という、言葉では簡単に言えることが、実は非常に大変な、「過程」を重んじることであることを意識してもらえればよいと考えています。

教員一覧に戻る