教員紹介

倉原 宗孝 (くらはら むねたか)

職名
教授
専門分野
まちづくり,都市計画,コミュニティデザイン
担当科目
地域環境計画論,NPO論

研究テーマ

ひろく「まちづくり」といったテーマで取り組んでいます。それぞれの地域・地区の特性や状況に配慮しながらより良い暮らし・まちづくりに向けた実践的な活動を目指しています。生活や地域環境を総体的に取り扱うのでテーマも多様になりますが、例えば幾つかあげると、中心市街地活性化、子どもや高齢者の目線、地域資源を活かした産業開発、景観の保全・創造、集住環境計画、地方集落の生活・文化継承、安心安全な居住環境、防災、etc。まちづくりとは暮らしや地域づくりの総体を扱うものでもあります。それゆえ自分自身の独自の視点、切り口も重要で興味あるところです。

現在の研究課題・研究活動

上述したように暮らしや地域の様々な対象・テーマが扱われます。建物や空間など物的対象もあれば、生活・福祉・文化・教育・コミュニティ形成などソフトな内容も非常に大きいです。またその進め方においても、参加や協働、ワークショップなどいろいろな内容があります。

仮に現在取り組んでいるものでは、

  • 中心市街地・商店街の活性化 ・農山村の地域振興
  • 歴史的建造物や遺跡・遺産などの保存・活用 ・青少年の第3空間運営
  • 高齢者の人生を聴き取りながら「老い」が持つ意味・意義を探る
  • 災害からの復興まちづくり ・地域資源を活かしたコミュニティビジネス
  • 防災と福祉の視点からみた市民参加のまちづくり学習実践

など

またこれまでにも、屋台による商店街活性化、観光マップづくりと地域振興、住宅・住環境計画、総合計画・マスタープラン作成、伝統的食文化・ライフスタイルの蘇生活用、子どもの視点からみたまちづくり、・・・等、多テーマで取り組んでいます。いずれにしても地元・関係者と協力しながら実践的な活動を目指しています。

社会活動(学外の委員会活動、学会委員活動、NPO理事など)

  • 岩手県社会貢献活動審議会会長(2010年~現在)
  • 岩手県まちづくりアドバイザー(同)
  • 盛岡市・お城を中心にしたまちづくり懇談会座長(2008年~現在)
  • ほか各地域での各委員会、アドバイザーなど多数
  • 所属学会
    日本建築学会、日本都市計画学会、環境社会学会、こども環境学会、など

教育のポリシー

人であれ、まちであれ、それぞれの魅力的宝(個性、地域資源)を如何に発見し育んでいくかが大事です。その上で、人間発達のまちづくりを目指しています。関わる人たちが人間的に成長していくこと、そのことが一方で地域環境のハード・ソフトを高めることに、その相互作用による持続的向上がまちづくりでもあります。それゆえ地域生活に身を浸した実践的な研究活動を今後も続けていきたい。そのなかで学生、住民、行政、企業、研究者の一人ひとりが触発し合う関係を開いていきたい。少子高齢化、過疎化、産業低迷など難しい課題のある現代だからこそ未来はあると思います。

教員一覧に戻る