教員紹介

鈴木 正貴 (すずき まさき)

職名
講師
専門分野
農村生態工学,農業土木学
担当科目
環境調査法,地圏環境システム論

研究テーマ

昨今,田んぼの周りに棲む生きものたちが,私たちの前からその姿を消しつつあることから,当ゼミではこれら生きものたち(主に魚類や貝類など)の保全を目的とした工法や手法の開発を主なテーマとして研究に取り組んでいます。現在の研究テーマは,以下のとおりです。

  • 農業用河川に生息する絶滅危惧種カワシンジュガイの保全手法の検討
  • 地域住民との協働による絶滅危惧種ヨコハマシジラガイの保全工法の試行
  • 溜池に生息する絶滅危惧種タナゴの生態解明と保全手法の検討
  • 大学構内の貯水池に生息する国外外来種アメリカザリガニの生態解明と駆除方法の検討
  • 農業従事者による水利施設の管理が水生動物に及ぼす影響
  • 開発した「水田魚道」の岩手県内における普及

上記のいずれの研究テーマも,先輩から後輩へと複数年かけて成果を蓄積しているところです。また,一部は,学生の案内で訪れた現場の抱える課題がきっかけで取り組むようになった研究テーマです。疑問に感じることや,知りたいと思うことがあれば,いつでもご相談ください。

社会活動(学外の委員会活動、学会委員活動、NPO理事など)

  • 農業農村工学会論文集企画・編集委員会委員(2016年~継続中)
  • (社)地域環境資源センター技術検討委員会委員(2011年~継続中)
  • 岩手生態学ネットワークメンバー(2013年~継続中)

教育のポリシー

私の主な研究のフィールドとなっている農村は,ヒトによって長い間,改変され管理されてきた二次的自然です。ですから,そこに棲む生きものの暮らしに異変が生じれば,その原因の一つには「人為的な何か」があると考えられます。生きものの暮らしだけではなく,ヒトの営みの実情とその背景にある社会的要因など,広い視野を持たなければ問題の解決策を得ることはできません。足繁く現場に通って,生きものを調査するだけではなく,現地で出会う地域の方々と積極的に意思疎通を図ることが必要です。

教員一覧に戻る