教員紹介

堀篭 義裕 (ほりごめ よしひろ)

職名
准教授
専門分野
政策科学,社会調査
担当科目
政策分析論,オペレーションズ・リサーチ

研究テーマ

これまでの学部ゼミの卒業研究テーマは、教員の2年次以上の専門科目(政策分析論、オペレーションズ・リサーチ、社会調査実習)との関連で以下のように分類できます。

社会調査関連

①量的調査(アンケートなどを通じ数量データを集める手法)

  • 過疎地域における若者の定住・就職に関する意識調査
  • 高校生を対象とする若者の政治意識向上にむけた政治意識調査

②質的調査(聞き取り調査などを通じ主に言葉のデータを集める手法)

  • 廃プラスチックのリサイクルの現状に関する調査
  • 津波被災地域における持続可能な漁業の取り組みに関する調査

政策分析関連

  • 国勢調査データを用いた岩手県における大卒者の人口動態と就業状況の分析
  • 国勢調査と学校基本調査データを用いた大都市への若者の転出超過の要因分析

オペレーションズ・リサーチ関連

  • 行政におけるAHP(階層的意思決定法)の利用に関する事例研究
  • インターネットショッピングの普及シミュレーション

ゼミの進め方・内容は、3年生の段階では、関心のある社会問題を扱った論文や文献、あるいは研究で用いる調査・分析手法の勉強を行いながら、研究テーマと調査研究内容を具体化していきます。4年生の段階では、研究に必要なデータを夏休みまでの間に集めてもらい、卒業論文の執筆に取り組むことになります。

現在の研究課題、研究活動

教員の現在の主な研究テーマは以下の通りです。社会調査(主に量的調査)を通じて集めたデータや官庁統計などの数量データをもとに、地域課題を明らかにしたり、今後の政策のあり方、あるいは政策形成のあり方を考える点に特徴があります。

  • 津波被災地における震災復興過程の意識調査
  • 地域振興政策の効果分析
  • 自治体の政策形成における数量データの活用

社会活動(学外の委員会活動、学会委員活動、NPO理事など)

学外では、上記の研究テーマと同様に、震災復興、地域振興(地方創生)、政策形成のあり方に関する自治体の委員会で活動しています。

  • 大船渡市復興計画推進委員会委員(2017年~継続中)
  • 野田村まち・ひと・しごと創生総合戦略策定委員(2015年~継続中)
  • 花巻市行政評価委員会委員(人づくり・地域づくり部会長、2014年~継続中

教育のポリシー

本研究室の教育研究は、データを用いた地域課題の調査研究が大きな特徴です。ただし、調査研究で私が一番重視するのは、実際にデータを集める前段階における「物事の背景を深く考える」プロセスです。このプロセスがあって、はじめて地域課題の背景を明らかにする上で必要なデータを集めることが可能になります。

社会問題の背景を説得力をもって示すには、数量的なものであれ、言葉などの質的なものであれ、事実の裏づけとなる「データ」が必要です。「物事の背景を深く考える」プロセスの中では、どのようなデータを用いれば事実の裏づけを取れるかについても考えてもらいます。学生の研究については、テーマに適した「データ」を集めてもらうこととなりますので、必ずしも数量的なデータを用いなければならない訳ではありません。

教員一覧に戻る