行政系モデルコース・モデル

コース概要

自治体が抱える問題を法律・行政の視点で分析していく

行政系モデルは、政治、行政、法律などを含む幅広い領域です。教員の研究領域は以下ご覧頂ければ、実に多彩です。関心が異なるだけではなく、主にその経歴に由来するスタンスの違いも特徴です。社会科学というとお固いイメージを与えますが、実際は型にはまらない柔軟さを備えたモデルです。古典的な政治哲学や判例研究の積み重ねなどの重厚なスタイルもあれば、フットワーク良く地域や世界に飛び出して、現実の出来事に題材を求める者もいます。わかりやすく音楽で例えるなら、クラシックからポップスまで、あるいは民謡からジャズまでカバーしていると言えるでしょう。

各分野の簡単な特徴は以下のようです。

政治では、政治理論、議会制度、地方自治、国際関係、政治哲学など広範なテーマを扱います。行政では、地域の課題を念頭に置きながら、政策分析、比較政策、住民参加、公共経営、科学技術政策などの視点で深彫りしています。また応用数学のアプローチも特色です。法律では、憲法、民法、刑法、行政法の主要な四つの法律領域で本格的な講義を展開しています。公務員、教員をはじめとする各種の採用・資格試験に対応しています。

カリキュラムマップ

経営系モデルのカリキュラムマップ

担当教員

教員一覧

教授

石堂 淳 (いしどう じゅん)
研究領域
英米刑法における責任について,法人の刑事責任について,財産犯の諸問題
担当科目
刑法Ⅰ・Ⅱ

教授

木場 隆夫 (きば たかお)
研究領域
科学技術政策,科学技術社会論(科学技術が進歩した世の中における諸問題の研究),公共政策
担当科目
科学技術政策論,政策課題実習

教授

斎藤 千加子 (さいとう ちかこ)
研究領域
行政法,憲法,フランス公法史
担当科目
法学,行政法Ⅰ・Ⅱ,法学実習

教授

齋藤 俊明 (さいとう としあき)
研究領域
政治学,公共政策,公共哲学
担当科目
政治学,政治過程論,公共哲学,総合政策入門

教授

高橋 秀行 (たかはし ひでゆき)
研究領域
市民参加条例・自治基本条例の研究、環境マネジメントシステムの研究、市民立法の研究
担当科目
政策形成論,比較政策論,市民参加論

教授

田島 平伸 (たじま としのぶ)
研究領域
広域行政に関する研究,市町村合併に関する研究,道州制に関する研究,市民活動と行政に関する研究,行政管理に関する研究
担当科目
地方自治論,行政学,政策課題実習

教授

西出 順郎 (にしで じゅんろう)
研究領域
国・地方自治体における行政システムおよび政策評価、国立大学法人における大学評価制度
担当科目
政策評価論,公共経営論

准教授

窪 幸治 (くぼ こうじ)
研究領域
民法、消費者法
担当科目
法学,民法Ⅰ〜Ⅲ,法学実習

准教授

堀篭 義裕 (ほりごめ よしひろ)
研究領域
数量的調査分析手法を用いた公共政策の分析
担当科目
政策分析論,オペレーションズ・リサーチ,政策学基礎,社会調査実習

講師

千國 亮介 (ちくに りょうすけ)
研究領域
憲法(とりわけ、憲法学の基礎理論、および、人権の解釈理論)
担当科目
憲法Ⅰ・Ⅱ,法学実習