環境系モデルコース・モデル

コース概要

環境問題や地域にある環境課題を解決したい

環境系モデルでは、地形、土壌、大気、水、動物、植物、集落、都市など、私たちの暮らしを取りまく環境を対象とした調査・研究を行っています。それぞれについて、基礎となる知見を学びながら現在抱えている問題を抽出し、実際に現場へ赴いて、調査方法や結果の整理、考察といった一連の学術的な手法を用いつつ、その解決策を考えます。このような調査・研究を通して、地域の抱える環境・地域問題を解決するできる人材の育成を目指しています。 研究の一例としては、絶滅危惧種ミズアオイや東日本大震災によって被災した砂浜の海浜植物の保全、ため池に暮らす絶滅危惧淡水魚類タナゴの生態の解明とその保全、緑のカーテンによる遮蔽効果、商店街の活性化などがあります。

環境政策講座 公式サイト

カリキュラムマップ

経営系モデルのカリキュラムマップ

担当教員

教員一覧

教授

金子 与止男 (かねこ よしお)
研究領域
国際環境政策、自然資源保全
担当科目
国際環境政策論、環境生態学

教授

倉原 宗孝 (くらはら むねたか)
研究領域
都市計画、まちづくり、コミュニティデザイン
担当科目
地域環境計画論、NPO論

教授

佐野 嘉彦 (さの よしひこ)
研究領域
気候学、リモートセンシング、GIS
担当科目
地図学、気圏環境システム論

教授

渋谷 晃太郎 (しぶや こうたろう)
研究領域
環境政策、自然環境保全、自然公園、環境教育、エコツーリズム
担当科目
環境政策論I・II

教授

豊島 正幸 (とよしま まさゆき)
研究領域
自然地理学、環境科学
担当科目
地圏環境システム論、総合政策入門

教授

平塚 明 (ひらつか あきら)
研究領域
植物生態学、進化生物学、地域環境デザイン
担当科目
生態学基礎

教授

吉木 岳哉 (よしき たけや)
研究領域
自然地理学、地形学、古環境
担当科目
地理学、地誌学

准教授

島田 直明 (しまだ なおあき)
研究領域
植生学、景観生態学、植物生態学
担当科目
景観生態学、自然環境保全論

准教授

辻 盛生 (つじ もりお)
研究領域
水環境学、環境生態工学、水辺の緑化
担当科目
水圏環境システム論、環境化学基礎

助教

鈴木 正貴 (すずき まさき)
研究領域
農業土木学、農村生態工学
担当科目
環境調査法